設立趣旨

災害時の遭難者にたいして、捜索活動を行い早期発見し人命救助を行うことを主たる目的とし、災害救助犬の育成に関する事業を行い、人命救助に寄与することを目的とする。
また、犬を通してのセラピ−ドッグ事業、ふれあい事業等を行い社会貢献に寄与することを目的とする。


設立に至るまでの経過

東南海・南海沖の地震が危ぐされる中、和歌山県には災害救助犬の育成団体がなく海外や他府県の災害救助犬に頼らないといけない状態です。 災害時にいかに迅速に遭難者を発見できるかが生存を高める鍵となります。 災害時に高度な捜索技術や、知識を身につけた地域に密着した災害救助犬の団体が迅速に出動し遭難者の救助にあたれば一人でも多くの人命を救うことができるのです。 そのためには、個人より信頼性のある法人格を持った災害救助犬の育成や災害救助犬の普及のできる団体が必要だと思い、和歌山災害救助犬協会を設立しました。

定款

特定非営利活動法人
和歌山災害救助犬協会の定款をご覧になられる場合は右のボタンをクリックして下さい。なお、当ファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

活動の目的と内容

災害時などに遭難者や行方不明者に対して、災害救助犬を使い捜索活動を行い早期発見し人命救助を行うことを主たる目的としております。 人命救助のための捜索活動・災害救助犬の育成活動や犬をとおしてのセラピ−ドッグ育成活動・犬とのふれあい活動を行い社会貢献に寄与することを目指しております。


災害救助犬の育成

災害救助犬とは、自然災害(地震・台風・土砂崩れなど)などで行方不明になっている被災者を捜索するために特別にいろいろな訓練を受けた犬達です。人命救助を使命とする捜索活動は、きわめて緊急性と慎重な判断が要求されます。 災害により、建物の全半壊や倒壊物の下敷きになった被災者の捜索や土砂災害等の災害現場を再現した場所での訓練を行わなければなりません。 人間の数百万倍と言われる犬のすぐれた臭覚を利用し、災害時に被災者を発見するのが災害救助犬の仕事です。

訓練の内容
訓練の内容は、人や犬に吠えない・かまない・飛びつかないが基本です。
当協会では、パフォ−マンス等も取り入れて楽しくふれあい活動を行っていきます。
@基礎訓練(訓練講習会))とA服従訓練を行いB資格認定試験に合格することを目標としており、C各種団体への慰問活動が行える、セラピ−ドッグの育成が目的であり。 当協会では、社会に役立つセラピ−ドッグの育成とネットワークづくりを目指しております。


犬とのふれあい活動

いろいろなイベントや商店街などで、人と犬とのふれあいを行い、地域住民との交流を深め、地域の活性化を目指すとともに、災害救助犬やセラピ−ドッグの認知度を高める活動です。


犬のしつけ教室

犬の飼い方から始まって、歩き方やスワレ・フセ・マテなど初歩的な服従訓練まで教えます。 犬の問題行動や、犬の飼育でわからない事などの相談にも応じ、楽しい犬との生活を応援します。

名誉顧問

(敬称略 順不同)
新宮市長 田岡 実千年
新宮市立医療センター 院長 三木 一仁
熊野速玉大社  大社宮司 上野   顕
医療法人 北斗大洋会 理事長 尾崎 宜洋

顧問

(敬称略 順不同)
(有)リフレわかやま 代表取締役社長 児嶋 隆也
紀南新聞社